妄想shop

デリおやつとデリごはん。日々の駄話。

カテゴリ: キッズレッスン

こんばんは。 この3連休に友チョコ作りに付き合わされるママさんも多いのではないでしょうか。 わが家も例に漏れず・・・長女の15人分をお付き合い。 数が欲しいので今年は「スノーボール」にしました。 子供は丸める作業が大好きだろーよ。(←ちょっと投げやり ...

続きを読む





こんばんは。

この3連休に友チョコ作りに付き合わされるママさんも多いのではないでしょうか。


わが家も例に漏れず・・・長女の15人分をお付き合い。
数が欲しいので今年は「スノーボール」にしました。

子供は丸める作業が大好きだろーよ。(←ちょっと投げやり)





    長女  「えぇっ?スノーボール?チョコじゃないん?クッキーやん!」

    鬼母  「ええぃ!おだまりっ!ココアを入れたら文句なかろーよっ」 







まずはスノーボールの中に忍ばせるマカダミアンナッツを軽くロースト。

この一手間をかければ・・・
食べた時のクッキーのサクサクホロッにカリッと感が重なって最高!







バローナのココアを入れたスノーボール生地をこねたら
ローストマカダミアンを一粒ずつ包んでまんまるに丸めます。

最初はスノーボール反対派だった長女もこのあたりからおもしろい!を連発。








天板2枚分のクッキーが焼けましたー。
発酵バターとアーモンドプードルをたっぷり使っているのでいい匂い♪







すかさず姉妹がマイカメラで激写。

ったく最近のガキ子供は。








完全に冷めたら「泣かない粉砂糖」をたっぷりまぶす作業です。







ドンドコ量産。
スノーボール作りはきわめて子供向きではないでしょうか。
かなり楽しいようです。










           ココアスノーボール完成!!











一日寝かせるとおいしいクッキーです。
今日中にラッピングしてしまいましょう。


固さのあるペーパーカップにスノーボールを3個ずつ。
クリアシートをカットして包みます。
今流行りのデコはクッキーに出来ないのでシートの上からシールをペタペタ。







小2のデコ。









小5のデコ。

小5は今からまだまだ派手にしていくんだそうな。









     見に来てくれてありがとう!
どちらさまも本命・義理・友チョコ作りお疲れ様です。
      にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

     

↑見てください。 私が今日丸一日かけて100均とスーパーをかけずりまわりそろえた品です。 こんばんは。 ついにわが家の長女が「友チョコを作る!」と宣言しました。   去年までは「あんなものは頭のいい子がするもんだよ。」 と、はぐらかせたのですが今年は通用 ...

続きを読む




↑見てください。
私が今日丸一日かけて100均とスーパーをかけずりまわりそろえた品です。




こんばんは。
ついにわが家の長女が「友チョコを作る!」と宣言しました。
 
去年までは「あんなものは頭のいい子がするもんだよ。」
と、はぐらかせたのですが今年は通用しませんでした。

しかも長女が作る、ってことは次女も作る・・・・
まっくすめんど・・・・。







友チョコ作りは夕方から開始。
簡単に板チョコ溶かしてハートカップに入れればいいものを
2人が帰ってくるまでにテーブルをレッスン仕様にセッティングしてしまう悲しいサガ。

作るのはガトーショコラのアルミカップ版。
チョコは板チョコですがココアは「あなた達には早すぎるバローナだからっ」
と、100万回言いながら作らせました。(いやな親だな)


あっ、あと「先生とお言いっ」ってのも100万回いいました。
                       (さらにいやだね)







しかし長女のゴムベラ使いのウマイことったら。。。

わが家が日常的に親子で楽しくお菓子作りをしていると思ったら大間違いです。
よそ様のお宅より手厳しく、母親がお菓子作りをしているときは触らせてもらえません。
カウンターの向こうから見るだけです。ガン見だけです。
覚えたきゃ目で見て盗みなっ。って感じです。
                  (キミは寿司職人か)


そんなわけで彼女。
本当に目で見て盗んだようです。










生地が出来たらカップに入れていきます。
丸いケーキ型でしか焼いたことないもんで・・・
どうやら母さん、分量誤っちゃったみたいだねぇ。











売るのかっ!?
(これ、一人分です)

















ガトーショコラはこうやって平べったく焼くとフィナンシェみたいで美味。
焼きあがったケーキのトップに溶かしたチョコを塗りデコしましたが
これもかなりおもしろかったです。

来年は「キッズレッスン・友チョコスタイル」なんていいかもしれません♪










しかし、わが子とお菓子作りは疲れましたーー。
明日作ろうと思ってる方、お疲れ様です。
ではではおやすみなさいませ。







遊びに来てくれてありがとう♪
よければポチッと。励みになっております。
       ↓
  にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ

ピンクのガーベラにまけないくらい かわいくて元気な小学3年生の女の子がレッスンにきてくれました。 3人はお友達同士なので緊張することもなくいろんなお話を聞かせてくれながら ワイワイ楽しくチョコタルトが作れました。 (やはり人気があり時間をかけるのはクッキー ...

続きを読む



ピンクのガーベラにまけないくらい
かわいくて元気な小学3年生の女の子がレッスンにきてくれました。

3人はお友達同士なので緊張することもなくいろんなお話を聞かせてくれながら
ワイワイ楽しくチョコタルトが作れました。
(やはり人気があり時間をかけるのはクッキー作りの工程ですよ・・・)



そして今回もキッズたちの自由なプレーティングが見ものでした♪




「こんな風に線がかけるよ~」とササッとお皿にスプーンで書いてみて
あとは各自におまかせするのですが・・・
チョコとキャラメルのたった2色を渡すだけなのにみんなスルスルと描きます。

・・・ネコちゃんやら流れ星やら・・・オトナは考えもつきませんよね!
またしてもこちらがお勉強させて頂きましたです。はい。






Kちゃん作。





Hちゃん作。





Rちゃん作。


おうちのネコちゃんを書いてくれたRちゃん。
ママさんは主に絵やイラスト書いておられる作家さんでかなりの大物です。
初めて作風を見た時から私もハートをわしづかみにされてしまいました。
ぜひぜひ多才なHPに飛んでみてください。(コチラから→


個性光る3人のキッズたち。
夏休みの思い出になれば幸いです。

行事がたくさんの2学期、元気いっぱいお過ごしくださいね☆




*********************



これで夏休みのキッズスタイルは終了です。
また機会がありましたら開催させていただきます。
ご参加頂いたキッズの皆様、
ご参加を決めて頂いた保護者の皆様、
誠にありがとうございました。



まもなく夏休みも終わり9月ですね。
e・styleでは近日中に秋のレッスンをご紹介します。
今しばらくお待ち下さいませ。

先日のキッズレッスンです。 今回はかわいい3姉妹が参加してくださいました。 お名前は「ふー、すー、ちー」ちゃんで・・・・・・・ちがうかっ。           (↑見てる方にはわかりますねー) 長女Mちゃん。次女Kちゃん。三女Aちゃん。 とーってもかわいい仲 ...

続きを読む





先日のキッズレッスンです。
今回はかわいい3姉妹が参加してくださいました。
お名前は「ふー、すー、ちー」ちゃんで・・・・・・・ちがうかっ。
          (↑見てる方にはわかりますねー)

長女Mちゃん。次女Kちゃん。三女Aちゃん。
とーってもかわいい仲良し3姉妹です。

いいなーいいなー♪かしまし娘(古っ)
             ・・・・・少女隊?(これまた古っ)
             ・・・・・シュガー?(ウエディングベルまでいっちゃうのか) 

 今のイケてる3人組といえば・・・
あっ!ヘキサゴンの「PABO」かっ!(どーでもええがな)



そんなこんなでかわいい3姉妹と共にレッスンは進みました。
とはいっても三女ちゃんは年長さんで、ママと一緒に見学にいらしてたんです。
でもとーーってもやってみたそうで・・・私の実践用でやってみる?と聞くと
喜んでお手伝いしてくれました。ありがとね~。





例のごとく、メインではないのに一番盛り上がるクッキー作り。
 (もういっその事こちらをメインにしようかと思うのですが)


そして3人3様のプレーティングタイム。




長女Mちゃん作。





次女Kちゃん作。





三女Aちゃん作。



もうこれはアートといっていいのではないでしょうか。
いやはや、お見事っ!







A家三姉妹のみんな。
来てくれてありがとうね♪
そしてクッキーにチョコソースを塗って焼く、というワザも教えてくれてありがとう。

残り半分の夏休み、思いっきり楽しんでね☆

キッズスタイルではチョコタルトの飾りに使うクッキー製作が一番盛り上がります。 メイン作業ではないのですが一番目が輝いて真剣かもしれません。 飾るのは1~2個なのに少ない生地をつかってなんとか数を作ろう、とみんな必死になります♪     私  「たくさん ...

続きを読む

キッズスタイルではチョコタルトの飾りに使うクッキー製作が一番盛り上がります。
メイン作業ではないのですが一番目が輝いて真剣かもしれません。


飾るのは1~2個なのに少ない生地をつかってなんとか数を作ろう、とみんな必死になります♪



    私  「たくさん出来たね~。一個飾ってあとは食べれるよ!」
   キッズ 「うん♪だったら飾るのはコレにする~。
         なんに見えるでしょうーかー?」

    私  「わっかわいい~。
        サンタさんかな~?
         あっ、お殿様でしょ~♪」



   キッズ 「・・・・・・・・・りんご。」


 




・・・・・・・・りんご、って。

・・・・・・・・・ってか「お殿様」って・・・。

私自身が楽しみにしていたキッズスタイル。 どうなることやら♪で本格的に始まっておりますよ~。 恥ずかしながら「POP検定」の2級を持っておりますので レシピはなんとオール全編手書き!! これがなかなか面白くって・・・ こりゃケーキを捨ててどこぞのスーパーで値 ...

続きを読む



私自身が楽しみにしていたキッズスタイル。
どうなることやら♪で本格的に始まっておりますよ~。


恥ずかしながら「POP検定」の2級を持っておりますので
レシピはなんとオール全編手書き!!

これがなかなか面白くって・・・
こりゃケーキを捨ててどこぞのスーパーで値札書きに雇ってもらおうか・・・。




今回はキャンセルなどモロモロの都合もありまして
小学6年生と4年生の2名だったのが
「ええい!下の子さんもいっちゃう~!?」なんて話になり
小1二名も参加の4名でスタートしました。
募集は3年生からだったのですが1年生でも出来るのかな~と
ちょっと試験的にご参加いただきました。

結果からいいますと・・・
      「1年生でも出来る!」


・・・・ってか《迷わず・恐れず》でいけば完全に姉チームをまかしてましたね。
面白いことに卵一つ割ってもらっても
1年生二人は説明が終わるや否やカンカンパーンと割って完璧。
姉チーム2名とも慎重に、ためにためてグチャ・・・・。



でもやはり高学年。
その後の材料の計量からタルト生地の手ごねなどはとても上手!
コネながら隣の一年生に「生地を持ってきて擦りながら向こうに返すのよ」
みたいな的確なアドバイスをするわけですよ。
                (完全におばちゃん先生よりナイスサポート)

私が手を出すことなく、みんなほぼ自分一人でチョコタルトを成型出来ました。




余ったタルト生地で飾りのクッキーを作ります。
ワイワイと楽しい時間ですね。


しかし本当キッズは面白いです。
若干一名、タルト生地をナマのままムシャムシャ食べてました。
まったく予測不可能。
何をするかわかりません。
興味深いったらありゃしません。


さてさて話を戻して・・・
タルトが焼きあがるまでは私が前日焼いておいたケーキでお茶会です。
そう。子供とて、もちろんやってもらいます。
恒例のプレーティングタイム~♪


チョコソースとキャラメルソースを用意して簡単にプレーティングの説明をして、
「あとは好きにしてねー」と実践に入ったら・・・んっ?・・・う・・上手い?!

ではご覧頂きましょう。




一年生Kちゃん作。
あらまっ!なんてのびのび♪お皿いっぱい書けました。




一年生Fちゃん作。
夏の花火のようですね~♪ケーキを置く位置取りも高度です。




四年生kちゃん作。
描き方がピシュ!っと、とてもアーティスティック☆でしたよ。



そして・・・6年生のTちゃん作をみてくださいっ!





   「ナンジャコリャー!!」(松田優作風に)

素晴らしいっ!!
・・・・・このプレーティングいただきぃ~ゴニョゴニョ・・・。



みんなおいしいコールの合唱で楽しくお茶会しました。

そしてキッズ達のタルトもクッキーも上出来でしたよ。
とてもシンプルな材料で、
とても少ないお道具で、
とてもおいしいチョコレートタルトです。
ぜひぜひおうちに帰ってお父さんにプレーティングして出してくださいね。
(妹さんは持って帰ってすぐ、ちょっと目を離したすきに
ホール丸ごとをフォークで食べ出していたそうです。ギザカワユス♪)



こんな感じでお持ち帰り頂けます。


飾りのネコクッキーがかわいいですね。



今からきてくれるキッズたち~。
とってもおもしろいから楽しみにして来てね!
待ってま~す♪





ジジも待ってます!

大人顔負けキッズレッスンも動いていますよ~。 タルト生地と中身のフィリングをすべて手作りなので 行程は多いのですが使うお道具はたったこれだけ。 必要最小限で考えました。 タルト生地をこねる際、やわらかくなったバターをさわる手の感蝕に キッズはなんともい ...

続きを読む



大人顔負けキッズレッスンも動いていますよ~。



タルト生地と中身のフィリングをすべて手作りなので
行程は多いのですが使うお道具はたったこれだけ。
必要最小限で考えました。


タルト生地をこねる際、やわらかくなったバターをさわる手の感蝕に
キッズはなんともいえないお声をあげます。

        「ひやぁ~!○×◇△?・・・・・」



また詳しいレポをご紹介します。



明日はまたまたダンスのイベントで終日付き添い・・・。
みなさまよい日曜日を。

本日「地球にやさしいノー残業デー」だったダンナを捕まえて キッズのホームページを作成してもらいました。 取り急ぎなので今後もう少し詳細に写真も入れてupしていく予定です。 ご案内はコチラから→★ 大人クラスでは後片付けは私がしますが キッズでは可能な限り準 ...

続きを読む

本日「地球にやさしいノー残業デー」だったダンナを捕まえて
キッズのホームページを作成してもらいました。
取り急ぎなので今後もう少し詳細に写真も入れてupしていく予定です。

ご案内はコチラから→




大人クラスでは後片付けは私がしますが
キッズでは可能な限り準備や洗いものもしてもらいます。
怖いです。スパルタです。
ついでにわが家の掃除や明石の水やりにも行かせ
馬車ウマのごとく働いてもらいます。
              (誰も申し込まんわ)

うそです うそです。
わが子以外は穏やかにやさしくレッスンしますので
どうぞ安心してお申し込みをご検討ください。

ただ十分注意はしますがやけどなど小さなケガが発生する恐れもございます。
保険などは付いておりませんのでその旨ご了承の上ご参加くださいませ。
元気キッズのお申し込みを心よりおまちしております。

夏休みはおうちレッスンお休みのため ひっそりキッズレッスンを開催予定です。 試作は続いていましたよ。 最初「チーズケーキタルト」を予定していましたが 夏場なので冷蔵庫にインしないといけない、ということから 「チョコレートタルト」に決定しました。 焼きっぱなし ...

続きを読む

夏休みはおうちレッスンお休みのため
ひっそりキッズレッスンを開催予定です。


試作は続いていましたよ。
最初「チーズケーキタルト」を予定していましたが
夏場なので冷蔵庫にインしないといけない、ということから
「チョコレートタルト」に決定しました。
焼きっぱなしでオッケーですし
なによりこのケーキはクリスマスやバレンタインの贈り物にも活躍してくれることでしょう。
女子から男子へ~みたいなっ。ポッ。
                  (テレるアラフォー女子)


最大の課題だった「どうやったらキッズが一人で型出し出来るか」
ってところは100均で売られているペーパー型を使う、でなんなく解決。
自分ひとりであれこれ難しく考え脱線していった次第です。
  

童心にかえってつくったタルト。試作パート1。

ほうほう。いい感じ。
ペーパー型だと時間と共に自分から型離れしてくれるので
型から取り出すのが簡単♪

ほうほう。いいんでねぇ?
タルトの中に入るチョコ生地もホイッパーのみで混ぜ合わせるので簡単。
余ったタルト生地で飾り用の型抜きクッキーなんて・・・
いいんでねぇ?いいんでねぇ?



そして試作パート2。
今度はいっちょ型なし、手のみでタルト台を作ってみました。
えぇ。童心にかえって・・・。
子供の手つきで・・・。

よくないんでねぇ・・・・・・・・?

一応、土手の中にチョコ生地流し込んで焼き上げ。
        
・・・・・・・・・・・。




           「おいっ!こいつはなんだ?
              縄文式土器かっ?」



   

今回のキッズ募集はオーブンを使いますので小学校3年生から6年生を対象としております。
ただ姉妹でご参加をご検討くださり下の子は小2だわ・・・という場合、
どうぞお問い合わせくださいね。

基本的に女子の募集ですが草食男子はオッケーです。
                          (どんな基準じゃ。)

あともう少しツメて
近日中にこちらで日程をお知らせさせて頂きます。

引き続きおうちレッスンの「シフォンケーキ」は
7月8日のみ、お一人様お席が空いております。満席になりました。
お申し込みを心よりお待ちしております。
              (お申し込みはコチラから→

夏休みに小さく開催しようとしている小学生のキッズレッスン。 レシピを子供向けに変えて試作中です。 今のところ「チーズケーキタルト」が有力候補。 タルト生地から作る予定です。 この度のキッズで大事にしたいのは いかにおうちに帰ってから親の手を借りず自分で焼ける ...

続きを読む

夏休みに小さく開催しようとしている小学生のキッズレッスン。
レシピを子供向けに変えて試作中です。
今のところ「チーズケーキタルト」が有力候補。
タルト生地から作る予定です。


この度のキッズで大事にしたいのは
いかにおうちに帰ってから親の手を借りず自分で焼けるか、
ってところなんです。

うちの長女がキッズの料理教室に通っていた時期があります。
本人はとにかく楽しい♪とゴキゲンな習い事でした。
でもその時作ったものを「さぁ、家でやってもらいましょうか」となると
ほぼ私たち母親の手をわずらわすことになります。
えぇ。そりゃもう全体の80%くらいは母親の手に
かかってくるわけです。
結局作らなくていい・・・となってしまうのですよね。
               
その部分をなんとかクリアして80%手伝わなければいけないとこ
60%→40%に少しでも減らすことができれば
子供さんがレッスンを受けた後もう一度家族に作って
喜んでもらえるのではないか、と思うわけであります。
そんなレシピを試作中です。



キッズ用はタルト生地の中にチーズケーキなんですが、
↑これは焼きカスタードの上に
生クリームとバナナのキャラメリゼをのせました。


食べる時はやはりチョコソースをかけて。
きゃ~高カロリー!メタボ~~!!

・・・なんて脱線してる場合でなく。

今の課題は
どうやったらキッズが一人で上手にタルト型をはずせるか・・。
どうやってタルト生地をめん棒なしでキレイに敷けるか・・。などなど。



わが子で実験にはまだレシピの完成度が低くて・・・。
おのれが童心にかえって・・・。
むずかしいなぁ。
お父さん、どうすればいいと思う?





              「ダメだ!自分で考えろ。
                ボーイズビーアンビシャス。」